フレッツ光マンションタイプ

NTT東日本フレッツ光マンションタイプ(集合住宅向け)の料金

NTT西日本地域の方はこちら NTT西日本地域の方はこちら

フレッツ光マンションタイプの料金は、どのプロバイダを選ぶかで大きな違いがあります。

プロバイダ料金は、居住地域によって異なります。
まずは以下から居住地域を選んで下さい。

 

居住地域の選択はこちら 東京、神奈川、千葉、埼玉、北海道
居住地域の選択はこちら 茨城、栃木、群馬、山梨、長野、新潟、宮城、岩手、青森、山形、秋田

 

プロバイダパック対応プロバイダの料金比較表の例

■東京、神奈川、千葉、埼玉、北海道の場合■ 

プロバイダ 月額基本料 キャンペーン
(WEB申込限定)
公式HP
BB.exite
(BB.exite光withフレッツ)
525円 - 公式サイトへ
ASAHIネット
(ASAHIネット光withフレッツ)
578円 開通月+18ヶ月無料 公式サイトへ
BIGLOBE
(BIGLOBE光withフレッツ)
945円 4ヶ月無料 公式サイトへ
DTI
(DTI光withフレッツ)
714円 15ヶ月無料 公式サイトへ
plala
(ぷらら光メイトwithフレッツ)
840円 12ヶ月無料 公式サイトへ
WAKWAK
(WAKWAK光メイトwithフレッツ)
630円 12ヶ月無料 公式サイトへ
OCN
(OCN光withフレッツ)
997円 開通月+11ヶ月無料 公式サイトへ
hiho
(hi-ho光withフレッツ)
935円 開通月+15ヶ月無料 公式サイトへ
nifty
(@nifty光withフレッツ)
997円 12ヶ月無料 公式サイトへ
sonet
(hi-ho光withフレッツ)
945円 3ヶ月無料 公式サイトへ

※フレッツ光月額基本料:2,993円〜(WEB申込の場合、月額料4ヶ月無料)

 

安い料金でインターネットを利用したいなら・・

インターネット料金を安くしたいなら、
フレッツ光の料金ではなくプロバイダの料金を比較すること、これが必須です。

プロバイダによって異なるのは、
毎月の月額料と、基本料割引キャンペーン(ネット申込限定)の割引適用期間です。

この2点に絞り比較しましょう。

プロバイダ毎に様々なサービスがありますが、
ホームページを作成したり、自宅で仕事をしたりといった特別なことをしない限りは
通信速度(最大200Mbps)も含めてそんなに大きな違いはありません。

 

料金重視で選ぶなら、お勧めのプロバイダはBB.exiteASAHIネットがです。

 

基本料金だけなら、BB.exiteがオトクですが、
BB.exiteはメールサービスが有料(月額294円)なので、
プロバイダのアドレスが必要な方にはお勧め出来ません。

※フリーメールでも問題ないなら、GoogleのGメールはとても便利なのでお勧めです!

 

プロバイダのメールアドレスが必要な場合は、ASAHIネットが良いでしょう。

 

 

更新履歴